ファスティング 好転反応

ファスティングの好転反応を知っておこう

好転反応という言葉を皆さんはご存知でしょうか。

好転反応とは、体の悪かった部分が良くなる反応のことです。

症状としては倦怠感や眠気、頭痛や下痢などが現れます。

これらの症状は一見、悪いものに思えますが、良い反応、つまり好転反応なのです。

これらの症状はファスティングで起こるデトックスの効果によって現れます。

毒素を排出しようとする過程で、好転反応が起こるのです。

なので、上記の症状が起こってもびっくりしてファスティングをやめないで下さい。

毒素がある人程、好転反応は強く出ます。

好転反応が出ることによって、毒素が体から排出されているということなので、喜ばしいことなのです。

そうは言っても、ファスティングで好転反応の症状はどれも地味に辛いものばかりです。

ファスティングを途中でやめたくなる気持ち、分かります。

あまりにも好転反応による症状がひどい場合には、ファスティングを中止した方が良いですが、通常起こりえる範囲内であれば続けても問題がないそうです。

少し辛いでしょうが、たった3日間の我慢です。

週末ファスティングをする人は2日間の我慢になります。

好転反応で起こった症状は、ファスティングが終わって3日目以内には収まるようです。

なので、6日間の我慢ですね。

訂正します。

また、好転反応が起きず、順調に体重が減る人も中にはいるそうです。

そういう人は、もしかしたら体内の毒素が少ないのかもしれません。

日頃から野菜中心の和食しか食べない人などは、好転反応が起きにくいのかもしれませんね。

それはそれで良いと思います。

筆者は野菜もあまり食べない不摂生ばかりしているので、ファスティングをしたら、好転反応がきっと起こると思います。

それが嫌で、ファスティングを始められずにいます。

でも、ファスティングをした人が口を揃えて言うのは、体の中からすっきりした、ということです。

ファスティングのデトックスの効果のおかげでしょうね。

それを筆者も体験してみたくて、ファスティングやりたいのですが、あと一歩というところで考えてしまいます。

ファスティングの好転反応が、良い反応と分かってはいるもののなかなか始められずにいます。

大人気のオススメ酵素を確認する>>