ファスティング がん

ファスティングはがんにも有効な場合

日本人の多い死亡原因の1位が、がんですが、ファスティングががんにも効くというではありませんか。

ファスティング=ダイエットしか頭になかった筆者はびっくりしました。

筆者の祖父もがんで10年程前に他界しました。

祖母は、がんに効くとされる温泉に一緒に行ってきたり、がんに効くとされる食べ物があればそれを料理したり、とにかくがんに効くものであれば、なんでもやって献身的でした。

でもその結果もむなしく祖父はがんで亡くなりました。

62歳でした。まだ亡くなるには、若い方ですよね。

筆者も今もし祖父が生きていたら、ファスティング教えてあげたのになぁ、と思います。

がん細胞は、炭水化物に多く含まれているブドウ糖を餌にして増えていきます。

なので、炭水化物が好きな太っている人は注意が必要です。

ファスティングは良い栄養素しか摂取しないので、がん細胞が増えることがありません。

なので、がんにもファスティングが効くということです。栄養を取らないと、人間は死んでしまいます。

なので、体に良い栄養素を摂ることによって、健康的に過ごすことができるのです。

人間は皆、がん細胞を持っているのですが、それが大きくなるかどうかは、普段の食生活に大きく関わってきます。

ファスティングをして、一度体内をリセットすれば、がんにもなりにくい体になるのではないでしょうか。

ちなみに、がんは遺伝的要素が多いと聞きました。

親族の中で、がんが多い人はやはりがんになりやすかったりします。

筆者は父親似なのですが、父親の親族でがんで亡くなった人はいないので、少し安心しています。

それでもいつ、がんになるかは分かりません。

普段の食生活は野菜中心にしたいですね。

あとは3日間のファスティングを定期的に行えば良いと思います。

ファスティングによって病気になりにくい体を作りましょう。

ファスティングは免疫力を高めてくれる効果も持っています。

だから病気になりにくいのですね。

日本ではまだあまりファスティングが浸透していませんが、海外では医師が勧める程、ファスティングが定着しているようです。

皆さんでファスティングをして、病気になりにくい体作りを始めましょう。

大人気のオススメ酵素を確認する>>